F1GPの特徴をスペインの歴史と共に見る

スペインで開催されるGPは、世界で注目されているレースです。その歴史は、1991年から始まります。レースの開催場所は、カタロニアサーキットでF1の中心地であるヨーロッパラウンドの始まりを感じるレースです。レースの特徴は各マシンが大きくアップデートされるというところ。カタロニアサーキットは、シーズン前テスト走行でも使用されているため、テスト走行時の成績、そして同レースでの成績を比べることによってマシンがどれだけアップデートされたのかを推し量ることできるのです。なぜ、マシンが大幅のアップデートをするのかというと、F1チームの多くがヨーロッパに本拠地を置いており、サーキットがチームファクトリーの近くにあるということが大きな理由です。そのようなレースのため観光客も多く観戦にくるのです。

スペインで開催のF1の特徴は?

スペインのGPは、当初バルセロナのペドラルベス市街地サーキットが発祥で行われていました。その後、少し間隔をあけマドリードのハラマサーキットと同じくバルセロナのモンジュイック・パーク周回コースと交互に行われます。そこからヨーロッパグランプリでもなじみがある南部のヘレスにコースを移し、1991年から今まで使われるカタロニアで開催されるようになったのです。また、この他にもヴァンレンシア市街地サーキットもスペイン国内で行われています。今までのF1レースの結果ですが2度父子優勝が達成されていることが特徴です。グラハムとデイモンヒル、ジルとジャックヴィルヌーヴです。また、1994年にヒルはグッドイヤーのグランプリで優勝300回目の記録を樹立しました。さらにヴィルヌーヴは1997年に350回目の優勝を記録するなど歴史的快挙も達成されています。

F1のグランプリのお得な観戦方法とは?

スペインで開催されるF1のGPは、多くの地元民や観光客から注目されているレースです。しかし、日本人の多くの場合は現地に行くのが初めてという方が多いです。そうなると要領もわからず十分に楽しむことができなかったということもあるかもしれません。そこで、旅行会社の中でも観戦ツアーパックなどのサービスがある会社もあります。サービス内容としては、例えば観覧席はかなり人気のストレートエンドEスタンドやカンプサコーナーNスタンドが用意されており迫力があるレースを素晴らしい席から堪能することができたり、滞在するホテルからレース会場まで日本語アシスタントの往路送迎をしてくれるなどとてもお得なツアーパックの予約受付をしている場合があります。現地で歴史あるレースを快適に堪能したい場合はこんなツアーパックに申し込んでスペインを丸ごと楽しんでみてはいかがでしょうか。